119番のかけ方


局番なしで「119」をダイヤルします。


通報時には「ゆっくり」「落ち着いて」「はっきり」とお答え下さい。


①火事ですか?救急ですか?
②住所はどこですか?
③誰が(何が)どうしましたか?
④あなたのお名前は?
⑤使っている電話番号は?



 携帯電話からの119番通報するときは

・局番なしで119番に電話をかけます。
・他市町との境界付近では、管轄外の隣接消防本部へつながる場合があります。
 この場合は、受信した消防本部が管轄の消防本部へ転送しますので、転送時は電話を切らずにお待ちください。

※携帯電話からの通報では、災害等の場所の特定に時間がかかる場合があります。
 一般電話が近くにある場合は、一般電話から119番をかけてください。

 FAXからの119番通報するときは

・ 当消防組合では、聴覚や言語に障がいのある方で、音声による会話が困難な 方を対象に、FAX を利用して「火災・救急・救助」の通報が可能です。次の手順に従ってください。
① FAX119番通報用紙に必要事項を記入する。
② FAX に用紙をセットして、119番をダイヤルして【スタート】ボタンを押して送信する。
③ 通信指令員がFAXを受信しましたら消防車・救急車が出動したことをFAXで返信します。
もし、受信確認のFAXが届かなかった場合は、FAX119番通報用紙が、通信指令課に届いていない可能性がありますので、再送信するか、近所の人に助けを求めてください。

※ 通報用紙にあっては速やかに送信できるように、事前に FAX119番通報用紙をダウンロードして、
「自分の住所・名前・FAX 番号」などを記入してFAXの側に置いておきましょう。

FAX119 番通報用紙ダウンロード(PDF)】

 通信指令課からのお願い

・119番のいたずらや、間違いが多くかかってきます。子どもは電話で遊ばせないようにして下さい。
 もし間違えてかけてしまった時には、無言で切らないで「間違いです」と一言いってから切るようにお願いします。

・「サイレンを鳴らさないで来て欲しい」という方がおられますが消防車や救急車は、緊急時には赤色灯をつけ、
 サイレンを鳴らして走行するよう法律で義務付けられています。サイレンを鳴らさないで走行することは出来ませんので、
 ご理解の程お願いします。

・119番は、火事や救急などの災害を通報する緊急回線です。 問い合わせや病院の照会は、一般電話におかけください。

・板野東部消防組合 通信指令課(088)698-9119

・火災など、災害情報の案内は(088)698-3119(災害ガイダンス)を利用してください。