板野東部少年少女消防クラブ

●少年少女消防クラブとは?

子供のころから防火・防災に関する様々な知識や技術を身につけ、生命と暮らしを守ることの大切さを学び、将来の地域防災の担い手となる人材育成をすることを目的に、少年少女防災クラブを結成し、年間を通じて様々な活動を行っています。

●板野東部少年少女消防クラブについて

板野東部少年少女消防クラブは松茂町、北島町、藍住町の小学校4年生から6年生までの希望者を対象に構成され、平成29年4月から活動を開始しました。

●活動内容

(1)規律訓練・放水訓練・救助訓練・ロープ結索訓練

(2)防火・防災教室

(3)応急手当講習

(4)防災マップや火災予防ポスター等の作成

(5)地域の防災訓練等への参加

(6)施設等見学等

●板野東部少年少女消防クラブ員募集について

募集対象は以下の通りです。

対    象 松茂町、北島町、藍住町に在学している平成30年4月に新4年生に進級(しんきゅう)する現在3年生の児童。
今年の活動内容は板野東部消防組合ホームページをご覧ください。
基本的に保護者の送迎が必要となります。
申込み方法 1、募集人員  若干名(応募多数の場合は抽選になります。)
1、コチラの注意事項を閲覧後、申込用紙に必要事項を記入し、板野東部消防本部予防課まで提出してください。
1、締切日  平成29年12月22日(金)
申込者には、後日担当よりご連絡いたします。

【申込用紙ダウンロード】


●平成29年度の活動

【12月の活動】

兵庫県の株式会社モリタ三田工場へ、視察研修に行きました。
いろんな種類の消防車両が、どのように作られているかを学びました。
クラブ員は担当者の話を真剣に聴き、話の内容をノートに書き込んでいました。




【9月の活動】

15mのはしごを登る訓練と15mのロープを渡る訓練の体験を行いました。
高い場所での訓練だったので、怖がるかなと思っていましたが、すいすいと登ったり渡ったりするクラブ員がたくさんいて驚きました。




【8月の活動】

平成29年度少年消防クラブ交流会(全国大会)に6年生5人が参加しました。
クラブ対抗のリレー、障害物競走では50チーム中23位で、徳島県下で1位でした。
また、ダンボールハウスでの避難所体験を行い、貴重な体験をした3日間でした。




【6月の活動】

消火器の取扱いとロープの結索訓練を行いました。
ロープ結索では、日常や災害時に役立ついろんな種類の結び方を教わり、最初はうまく出来ませんでしたが
最後には全員が出来るようになりました。




【4月の活動】

板野東部消防組合消防本部で発足式を行いました。