板野東部少年少女消防クラブ

●少年少女消防クラブとは?

子供のころから防火・防災に関する様々な知識や技術を身につけ、生命と暮らしを守ることの大切さを学び、将来の地域防災の担い手となる人材育成をすることを目的に、少年少女防災クラブを結成し、年間を通じて様々な活動を行っています。

●板野東部少年少女消防クラブについて

板野東部少年少女消防クラブは松茂町、北島町、藍住町の小学校4年生から6年生までの希望者を対象に構成され、平成29年4月から活動を開始しました。

●活動内容

(1)規律訓練・放水訓練・救助訓練・ロープ結索訓練

(2)防火・防災教室

(3)応急手当講習

(4)防災マップや火災予防ポスター等の作成

(5)地域の防災訓練等への参加

(6)施設等見学等

●板野東部少年少女消防クラブ員募集について

募集対象は以下のとおりです。(現在募集は行っておりません)

対    象 松茂町、北島町、藍住町に在学している小学生4・5・6年生(男女問わず)の児童。
基本的に保護者の送迎が必要となります。
申込み方法 募集時期に更新します。

【申込用紙ダウンロード】


●平成30年度の活動

【9月の活動】

防災のDVD鑑賞と、手作り防災グッズの作成、防災○×クイズを行いました。
防災グッズの作成では、新聞紙でスリッパや、コップ、お皿を作りました。クラブ員は一生懸命考えながら作っていました。




【8月の活動】

千葉県で開催された、平成30年度少年消防クラブ交流会(全国大会)にクラブ員5名が参加しました。
合同訓練や、避難所体験など、全国のクラブ員と交流することができ、とても貴重な経験ができました。




【6月の活動】

ロープの結索と暗中模索訓練を行いました。
ロープ結索は、日常や災害時に役立ついろんな種類の結び方を教わりました。暗中模索訓練では、2人1組で真っ暗な部屋の迷路を脱出する内容で、暗い中での移動の難しさを学びました。




【4月の活動】

規律訓練と放水訓練を行いました。
今年度入会したクラブ員は初めての訓練だったので、少し緊張気味
でしたが、消防職員の説明を聞き一生懸命がんばっていました。





【平成29年度の活動バックナンバー】